北方四島をめぐる丸山衆議院議員の失言問題にもロシアから意外な反応

北方四島ビザなし交流の訪問団の一員として同行していた日本維新の会の丸山穂高(まるやまほだか)衆議院議員は北方四島を取り戻すには、「戦争しないと、どうしようもなくないですか」と訪問団の団長に詰め寄った。

この発言は、懇親会で酔っていた時のことだったようですが、維新の会の代表である松井一郎代表は、「国会議員として一線を越えた。元島民の皆さん、国民の皆さんに本当に不快な思いをさせた。」

と謝罪した上で、丸山氏を除名処分とし、議員辞職を促しています。

この出来事は、ロシアのニュースでも報じられておりましたので、ロシア国内の反応をご紹介します。

スポンサードリンク

ロシアの反応

■日本はやはり先進国だね。ロシアならこのぐらいの発言で除名されることはない。

■同じ党の代表から辞職を言われているんだね。切腹をすすめられなくて良かったじゃないか

■プーチン大統領は強いから、本当に戦う気なら覚悟しなければならない。

■クリルは日本人に渡した方が、良い感じに発展するだろう。

■なぜ戦争なんてする必要があるんだ。日本はロシアよりよほど良い生活水準になっているのに。

■戦争をして本気で勝てると思っているのか。自衛隊は25万人くらいしかいないはずだ。

■ロシアの軍事専門家が言うには、極東地域の戦いであれば、ロシアは日本に負ける可能性が高いそうだ。人も武器も日本は洗練されている。

■お酒の席での発言でも、除名されるなんて、さすが日本だな。

■そんなに慌てなくても、プーチン大統領は、無条件で譲渡しそうな雰囲気がある

■酒じゃなくウォッカだったら、すぐに寝てしまって、何も言えなくて良かったのにな

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする