トランプ大統領の輸入車に対する衝撃発言にトヨタが鋭く反論しその内容が海外で話題に!


トランプ米大統領はこの度、アメリカ国内で輸入車が増加していることに対して、国家安全保障上の脅威になると声明を発表しました。

これに対して、トヨタ自動車が「今日のトランプ大統領の声明は、私達のアメリカ国内での投資が歓迎されておらず、米国での雇用も評価されていないということだ」と鋭く反論しました。

また、トヨタは米国内で47万5千人以上を雇用し、10以上の製造工場を含む、600億$以上の投資をしてきた。

今もなお、3600万台以上のトヨタ車がアメリカの道路を走っているという事実に誇りを持っているとし、自動車や部品の輸入を制限することは、雇用の創出、経済の刺激、消費者の購買習慣に悪い影響を与え、逆効果であり、それは歴史が示していると付け加えた。

さらに、輸入車に関税をかけた場合、最大の敗者は、選択肢が減ってしまう消費者であろうと、トヨタは言った。

この話題に対して、海外でも多くの声がありましたので、ご紹介します。

スポンサードリンク

海外の反応

■私はトランプ支持者だけど、この件に関してはトヨタを支持する。トヨタはアメリカにとって大切な友人だから。

■トヨタはアメリカで造っているけど、シボレー(米国メーカー)はメキシコで造っているという事実をトランプはどう考えているのだろうか。

■トヨタとケンカするなんて、馬鹿げている!日本との同盟関係にも影響するじゃないか!

■トヨタはアメリカで雇用を生んでいるのに、何がいけないんだ。

■関税によって物事を解決させようとする政治家は、自分達がその影響を受ける当事者にならない限り、消費者の気持ちは分からないだろう。

■日本は世界で2番目に米国の国債を持っているんだ。なんで怒らせるようなことを言うんだ!

■アメリカで製造してくれるなら、いつだってトヨタを指示するよ。

■なぜ輸入車がアメリカの安全保障に影響するんだ?それならイヴァンカ夫人はどうなるんだ?ほとんどが中国製のファッションじゃないか!

■こうなったら、早めにトヨタの車を買うことにするか。

■GMやフォードが、トヨタ以上の車を造れば、問題は解決するんじゃないのか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする