トランプ大統領夫妻を迎えた天皇皇后両陛下のある振る舞いが新時代の外交と海外でも称賛の声

令和最初の国賓として来日したトランプ大統領夫妻を、皇居での会見や宮中晩餐会に招かれた天皇皇后両陛下ですが、国内外で注目を集めたのは、両陛下が通訳を介さずに笑顔でトランプ大統領夫妻とお話しされていたことでした。

天皇陛下は、イギリスのオックスフォード大学に2年間留学されており、皇后陛下は、アメリカのハーバード大学で学び、外交官として歴代首相の通訳をされていた経験もあるほど。

トランプ大統領からは「陛下は英語がとてもお上手ですが、どこで勉強されたのでしょうか」と尋ねられたという。

通訳を介さずにやり取りされる様子は、国内でも新時代の皇室外交と話題になっていますが、その様子はアメリカでも報じられており、両陛下を称賛する声が溢れていましたのでご紹介します。

スポンサードリンク

アメリカの反応

■通訳は仕事をしなくていいなんて。とてもラッキーだね。

■英語は話せても、トランプ語は独自の言語だから、それを理解するのは難しかったんじゃないか。

■天皇はオックスフォードで、皇后はハーバードだからなぁ

■通訳を介して話をするより、お互いの距離が近づくからいいね。これは歴史的な会談になったね。

■確かメラニア夫人も5ヵ国語が話せると聞いたから、1ヶ国語しか話せないのは、トランプだけだな。

■天皇も皇后も上品な方だな。尊敬するよ。

■両陛下はトランプよりも英語が上手いんじゃないかな。

■アメリカ大統領より英語が堪能な天皇陛下は、歴史上初めてのことだろう。

■メラニア夫人は皇后と会見中、足を組んでいたが、日本の文化的には、こういうところで足を組むのは、適切じゃないはずだ。

■皇后雅子様はすごくエレガントだね

■トランプのボキャブラリーから考えると、通訳は全く必要なかっただろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする