トランプ大統領夫妻を歓迎された皇后雅子さまの華麗な外交力をニューヨークタイムズが報じ米国で話題に!

ニューヨークタイムズは、この度のトランプ大統領の日本への訪問で、一躍、皇后陛下が脚光を浴びたと報道しています。

雅子様がトランプ大統領夫妻を皇居で歓迎したときの対応から、米国では、皇后がハーバード大学卒で、5ヵ国を話すことができるということがtwitterで拡散されました。

そして、トランプ大統領とお話しする雅子さまのイメージは、彼女が外交官であった時の経験をいかし、そのスキルを使って、日本のソフトパワーを前進させるだろうと報じています。

また記事の中には、雅子さまが結婚後にあった宮内庁との様々な問題から、体調を崩し、なかなか公の舞台に出てこられなかったことにも触れており、

今回のご活躍は、本来お持ちの能力を発揮できる外交の舞台であったとしています。

この記事に対して、アメリカ国内でも、多くの反応がありましたのでご紹介します。

スポンサードリンク

米国の反応

■雅子様の笑顔がキラキラして輝いているこの外交の舞台こそ、彼女を生かす場所だ。

■ハーバード大学卒業かぁ・・・確かに凄いな。

■ハーバードまで行ったんだから、その力を存分に発揮して欲しいよ。これからは雅子様が輝く時がきたんだ。

■彼女の英語力は、間違いなく我が国の大統領より上だろう。

■彼女の過去を少し知っているから、彼女の笑顔を見れただけで本当に嬉しいよ。

■皇室のあり方が変われば、雅子さまは自分らしく生きられるのかな?

■5カ国語を話せるなんてことは、普通じゃないことだよ。そんな能力を、誰かからの指示だけで使うのはもったいないことだ。

■今回のトランプの訪問で、最も大きな意味があったのは、新皇后の素晴らしさに気づいたことじゃないかな。

■彼女の積み重ねてきた能力と人生を、もっと周りが認めてあげるべきだと思う。日本は男性優位な社会だから、とても苦労が多かっただろう。

■それにしても、我が国の大統領より英語が堪能な日本の皇后を見るのは、少し心が傷むよ。

スポンサードリンク

私の感想

皇后雅子さまはアメリカのハーバード大学出身ということもあって、アメリカ国内では特に注目されたのではないでしょうか。

外交官として活躍されていた方が、様々な制約の多い閉鎖的な場所で生活することのギャップは大きく、精神的にも大変だったと思います。

これからは、語学力をはじめ、外交官としての対人能力を存分に発揮され、ご活躍されることだと思います。

この度、雅子さまの笑顔が見られたことは、個人的にもとても嬉しかったです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする