ブラジル大統領の日本を表現したある言葉に批判の嵐!→海外「なぜブラジルの経済が最悪かわかった」

ブラジルのニュースからです。

2019年1月からブラジルは、ジャイール・ボルソナロ大統領が就任しています。

国内では「ブラジルのトランプ」、「ブラジルのドゥテルテ」とも呼ばれているようですが、

この度、年金改革を発表した際、小さいという意味を込めて「日本の」という表現をしたとして、その内容がブラジル国内で大きな批判を浴びています。

ボルソナロ大統領は、その記者会見で、

「もしこの年金改革が日本の改革になってしまうなら、経済担当相は、政権から去らなければならない。日本の改革とは、小さいという意味だ。あの国ではあらゆるものがミニチュアだからね」

と話したそうです。

あらゆるものがミニチュアというのは、どう言う意味か、はっきりと明言していないようですが、現地のメディアは、身体的なことを指しているではないかと、報じています。

この大統領の発言に対して、ブラジル国内の反応をご紹介します。

スポンサードリンク

海外の反応

■一国のトップが、こんな浅はかな発言をするのか。信じられないよ。

■なぜ日本がミニチュアなんだ?ボルソナロの頭の中がミニチュアなんじゃないか。

■日本はどうみても、ブラジルより大国だろう。彼は日本に行って、日本の礼儀作法を学んでこないといけない。

■ブラジルの経済が低迷している理由がわかったよ。こんな人がトップにいるようでは、先はない。

■子供が思いついたことを、何も考えずに言うのと一緒だね。
とても大統領の器ではない。

■最新の技術と、国民全体が高い教養を持つ国。日本こそ、世界の見本ともいえる国なのに。

■日本人は、彼の発言をどう感じているのだろう。こんな愚かな人がトップだなんて、可愛そうに思っているかもしれない。

■確かに日本のGDPを含めて、ブラジルと比べると全てが小さいね。ハハハ

■彼に日本人の知性の少しでも持ち合わせていたら、こんな事を言ったりはしなかっただろう。

■ブラジルが日本のような「小さな国」になれるのなら、私としては大歓迎だけどね。

スポンサードリンク

私の感想

日本がミニチュアと言われる意味が、正直わかりません。

確かにブラジルと比べると国土は小さいですが、世界的に見ると、日本の国土は決して小さくないので、あえて「日本の」という意味はないと思います。

ブラジルメディアは身体的なことを指しているのではと報じていますが、そんなにブラジルの人は大きいのでしょうか。

サッカー選手を見ても、大きい人も小さい人もおられるように思いますが・・・。

ボルソナロ大統領は何か個人的に日本に対して嫌なことでもあるのでしょうか。

それにしても、不用意に他国を下げる発言をして、プラスになることはないので、こうした発言を国のトップがするのは、残念ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする