天皇皇后両陛下の御料車が全国植樹祭式典に向かわれる際にとったある行動に海外から称賛の声

6月2日、愛知県森林公園で開催され、第70回全国植樹祭の式典にご出席された、天皇皇后両陛下。

ご即位後、初めての地方訪問でしたが、ご療養中の皇后陛下も、ご出席されました。

今回の話題は、Twitter上に投稿された、あるエピソードが、海外で話題になっていました。

それは、植樹祭の会場に向かわれる天皇皇后両陛下は、御料車に乗って、道を進んでおられました。

沿道にはたくさんの方が、両陛下を一目見ようと、集まっておられました。

その時、後ろから救急車がやって来たのですが、両陛下を乗せた御料車は、道路の端に一旦停止し、救急車が先を行くのを、見送られました。

この時の様子が、タイのメディアでも取り上げられたのですが、この話題が、非常に大きな反響を呼んでいるようでしたので、ご紹介します。

スポンサードリンク

タイの反応

■救急車が天皇陛下を追い越すなんて!天皇の御料車であっても、救急車には、道を譲るなんて、さすが日本だね。

■こんな光景があるから、日本を尊敬する。

■当たり前のようにこのようにされる日本のエンペラーは、さすがその地位に相応しい方だ。

■君主よりも国民を優先するなんて、なんて素晴らしい国なんだろう。

■日本はタイとは違って、人の命を尊ぶ文化がある。横断歩道では車がちゃんと止まるしね。

■こんな光景は正直、タイでは見られないね。本当に感動した。

■これがタイであれば、救急車とのレースが始まっていたかもしれないね(笑)

■皇室と国民は区別されるものではなく、一体なんだよ。これこそ模範といえる進んだ社会だね。

■タイの政治家にもこの事を知って欲しい。これが日本の凄いところなんだ。

■タイもいつか日本のような国になりたい。タイの交通マナーは酷いからね。誰も道を譲るなんて発想がない。

スポンサードリンク

私の感想

御料車で走行中に、救急車が通るという出来事は、上皇・上皇皇后両陛下の時にもあったようですが、その時も、救急車を先に行かせるために、御料車を一時停止されておられました。

タイは交通マナーが悪く、世界的に見ても、譲り合いの精神が低く、交通事故死が多い国なので、このような出来事は、衝撃をもって伝えられたのだと思います。

タイの王室の方が同じ様な状況になった場合、どのように対応されるのか、気になるところです。

日本人の感覚で行くと、それほど驚きの光景ではないかも知れませんが、それでもこのような些細な出来事からも天皇皇后両陛下のお人柄を感じて、世界の人達が、それに注目してもらえるのは、嬉しいことです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする