国際機関が発表したある重要な指標を示すランキングで日本がアイスランドに次いで2位に!

国際連合開発計画が毎年刊行する人間開発指数(HDI)。

これは国の平均寿命、教育、所得の水準を複合的に計算し、その国の豊かさや発展の度合いをはかる指標として使われています。

人がより良く育つための基本である、長寿、知識、GDP、国内所得格差などの分野の達成度を国ごとに評価したもので、海外では先進国の指標とされている数値です。

この度、最新のランキングが発表され、アイスランドに続いて、日本が2位にランクインされており、海外からも様々な反応がありましたので、ご紹介します。

海外の反応

■日本がドイツ、フィンランド、デンマークを抜いて、アイスランドに次いで2位になったんだ。(イタリア人)

■日本はあらゆる面で優れているから。日本は世界の真珠だ。(メキシコ人)

■なぜオランダがドイツに負けているんだ。そんなはずはない!(オランダ人)

■カナダよりうちの国の方が僅かに勝ってる。それだけでもういいや。(アメリカ人)

■東ヨーロッパはアラブ諸国よりランキングが低いことをどう思っているのだろう。(アメリカ人)

■なぜフィリピンより、インドネシアの方が上位にいるんだ?まあ80位と84位だから
ほとんど同じだけどね。(ベトナム人)

■日本人は皆、働きすぎで過労死するから、平等な国という意味では、上位になるよね。(カナダ人)

■平等であるというのは、良いことなのかな?頑張って報われない国とも言えるんじゃないか。(スペイン人)

■スロベニアがニュージーランドと同じレベルなのか。それは素晴らしいね。(スロベニア人)

■ドイツは順調に下がっているな。(ドイツ人)

■日本は都会と田舎で色が違うようだが、日本の田舎がオーストラリアの北部より低いなんてことは冗談だろう。(オーストラリア人)

私の感想

こういった指標は、アイスランドやノルウェー、フィンランドなど北欧の国が上位にきますよね。

過去数年間のこの指標では、日本は10位前後でしたので、今回2位になったのは快挙です。

日本のような人口1億人を超える国で、平均的な水準がここまで高いというのは、素晴らしいことだと思います。

日本国内でのことでいうと、近畿、中部、関東などと、北海道、東北、四国、九州などの地域と、数値に違いがあるようですが、これは所得レベルの違いが影響しているのでしょうか。

日本の地方は、所得は大都市圏より低いかもしれませんが、健康という意味では、上だと思うのですが。

個人的には日本だと岡山県ぐらいの都市に住むのが、田舎過ぎず、都会すぎず気候的にも一番住みやすいのかなと思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする