G20で安倍首相がトランプ大統領に提出した資料が面白いと話題に!

安倍首相はG20の日米首脳会談でトランプ大統領に対して、アメリカに投資している状況を理解してもらうために、とても見やすいカラーの地図を渡してアピールしました。

この資料は、この1ヶ月で5つの工場が完成することやアメリカにある日本企業の生産拠点でどれほど雇用を生んでいるかが書かれていました。

日本との貿易不均衡を訴え続けるトランプ大統領に、アピールする狙いで作成したこの資料が、海外で話題になっていましたので、ご紹介します。

スポンサードリンク

海外の反応

■こんなに分かりやすい資料だけど、それでも彼は読み取れないかも知れない。

■最近耳にした話題の中で、一番面白いかも知れない。

■安倍首相は事務方にこう言ったんだろう。「幼稚園児でも理解できる資料にしなさい」

■このニュースは本当に面白い!そして、本当に悲しいよ!!(アメリカ)


■この地図は良くできている。しかし、もう少しわかりやすくなるように、クレヨンを使うべきだったね。

■なぜそんなに面白いと思うんだ?絵が付いて、カラーのチャートは、ビジネスの場面でも普通に使われているぞ!

■この資料が理解できなかったら、次は、絵本を使うしかないぞ!

■アメリカのコンサル企業で働いているが、日本の顧客のためにこのような資料をいつも作っている。普通の事だ。

■非常に良くできているが、州の名前も書いていたら、文句なしだ。

■工場がアメリカ東部に集中しているのはなぜだろう。日本からすれば、西海岸の方が近いのに。

スポンサードリンク

私の感想

米国への投資実績をアピールするために作成された資料は、とてもわかりやすくて有効だったのではないでしょうか。

海外の反応では、トランプ大統領を下げた声が多かったですが、

G20の最中、各国首相との会談で、物凄い忙しい中、なかなかじっくり資料に目を通す時間も取れないと思います。

そういう意味では、とにかく1つ、分かってもらいたいことに集中する必要があると思います。

この資料は、忙しいトランプ大統領を気遣かう日本人の心から生まれたとも言えるかもしれませんね。

トランプ大統領のような方には、このようなわかりやすいアピールは、とても有効なのではないでしょうか。

「NEW」を星型にしてデザインしているあたりが、何とも良い感じですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする